生徒一人ひとりへの説得力が必要

子供を相手にする仕事は、いかに子供の興味を持たせる事ができるかが重要なポイントでしょう。
子供は大人に比べて集中できる時間が短いため、問題が生じます。
塾講師についても、子供たちの集中力を持続させるためにどのようにすればいいのかが、大きな課題としてはあります。
子供によっては、勝手に席を立って歩き回るといった例もあります。
こうした現状を踏まえて、塾講師のアルバイトでは備えが必要です。
もし指示に従わない生徒が現れた場合には、どのように対応すべきかについて知っておく事がいざという時のためになります。
塾講師の仕事でよくあるのが、塾にゲーム機を持ち込む生徒が多いということです。
そのため、塾での勉強に集中する事ができず、指導の効果が薄れてしまいます。
たとえアルバイトの立場であっても、公私として責任を持ち、子供たちが集中して勉強できる環境を提供できなければなりません。
そのため、勉強に集中できるような、塾におけるルールを遵守させる説得力が求められます。
この場合に、強制よりは理解を優先する事が役立つでしょう。
頭ごなしに指示しても、子供たちは従おうとはしません。
そこで、なぜゲーム機の持込がダメであるのかについて、理由を説明することにより自主的なルールの遵守を促せます。
まだアルバイトとして塾の講師としての経験が浅いうちは、物事は何かと上手くはいきません。
しかし、塾の講師として仕事に慣れてくれば、子供たちの理解を得やすくなります。
子供たちとの信頼関係を構築することが、塾講師としての一番最初の仕事かも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.